スズメバチ

私が子供の頃、ハチと言ったら、近くの果樹園に巣を作っていたスズメバチのことでした。
その果樹園は、近くを通るだけで甘い果実の匂いがして、わざわざ側を通って学校に通うくらい好きな場所だったんです。
でも、ある年からスズメバチが巣を作るようになって、学校から「近くを通らないように」という回覧板が回ってくるくらい、危険な場所になりました。

そのうち、定期的にハチ駆除の業者を入れるようにしたらしく、スズメバチは見かけなくなりましたが、あのときに見たスズメバチの恐ろしさは、今でも覚えています。

大きな体に、黒と黄のストライプ柄。たぶん、キイロスズメバチという種類だったんでしょう。
調べてみれば、キイロスズメバチは凶暴性が非常に強くて、日本にいるハチの中でももっとも危険なものだということです。
あのまま、ハチ駆除業者が対策するのが遅れていたら、ひょっとしたら私も刺されていたかも知れません。

最近、都心部でもハチ駆除の需要が高まっている、という話を耳にします。
ハチ駆除を個人で行うのは非常に危険で、刺されて怪我をしたり、場合によっては死んでしまうことだってありえます。
安全で、確実にハチ駆除を行うためには、どうすればいいのか。
それを少し、まとめてみました。






what's new

2012/12/28
生活圏を更新
2012/12/28
ハチの季節を更新
2012/12/28
防護服とノウハウを更新
2012/12/28
危険な種類を更新
2012/12/28
ハチ駆除を業者に依頼する理由を更新
2012/12/28
ホームページリニューアル